dignaのブログ

Dignaのブログです。講座や料理教室、各種イベントのお知らせや、お役立ち情報などを綴っていきます。

いよいよシップでのトレーニングが始まります!

今日で、隔離期間の14日間が終わり、ようやくシップ🚢でのトレーニングが始まります!✨

 

このホテルともお別れですね~♪

 

f:id:digna:20210725003154j:plain

 

最後の朝食。

 

といっても、ご飯はシップ🚢から運ばれてきていたので

ご飯は同じだと思います😊

 

 

とっても快適なホテルで、外に出られないから観光とかできないし

その辺は残念だけど、しっかりと勉強にトレーニングに!パワーアップして帰ってきますね!✨

 

 

次の更新は、8月中旬になるかな。

ではまた~♪

 

********

 

Digna Feminaの公式LINEアカウントはこちら!
各コースのスケジュールや、お得な情報をお届けしますので
下記のバナーより友だち追加してみてください。

 

 

バナーから登録できない場合はこちら↓↓↓

https://lin.ee/pUQyTwC

 

夏休みの宿題、自分からやる子にするには?

夏休みに入ったということで、お母さんたちのお困りごとの一つでもある

「夏休みの宿題」についてお話していきたいと思います。

 

f:id:digna:20210724131302j:plain

 

私のところは、小5、小3、5歳の3人がいますして

私、今日本にいないので今年の夏休みの宿題に関しては、主人に任せてますが

 

ただ、夏休みってやっぱりお母さんたちは大変なわけですよ。

 

 

子どもは、夏休みイエーイ!みたいになっているわけですよ。( ̄▽ ̄;)

 

けれどもお母さんたちは、お昼ご飯を考えたり、どう過ごすか何するか?とか

あと、夏休みの宿題ですね。これがけっこう曲者なんですが、量が多いんですよ💦

 

ただでさえ、宿題やらなかったり、やらせるのに苦労しているご家庭は

夏休みとなるとさらにやっかいになるわけですよ。

(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン

 

 

例えば、そもそも宿題やらないから、宿題やりなさいと何度も声をかけたり

やり始めたかと思ったら、ゲームしてたり、YouTube見てたり

「終わったの?」「まだやってないの?」と言いたくもないのに言ってしまったり

 

さらには子どもがやるって言ってたのに、やってなくて遊んでダラダラしてたら

やっぱり親としては、ある程度は見守ってたとしても、いつになったらやるの?って

言いたくなっちゃいますよね。

 

 

あとは、夏休み終わりギリギリになってやることか。これ過去の私です(笑)

 

それでもね、自分でなんとかやるならいいんですよ。やるから。

でも、声をかけないとしないとか、やっても時間ばかりたって進まないとか

結局最後には親が手伝って大変な思いをするとか、いろいろあるわけですよ。

 (*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン

 

 

しかもね、宿題やり始めたとしてもですよ

字が汚すぎてこれは目をつぶってられないとか、計算間違い

よく読んでないとか、宿題を親が見てあげててもいろいろなことが起きるわけですよ。

 

 

宿題を観ているときに、子どもが全然話を聞かないとか

そっぽ向いてたり、あくびしたり、機嫌悪くなっちゃって、イライラし始めたり

挙句の果てには、「もうやりたくない」「まだ?」とか言い出しちゃって。

 

そうなると、それまでは優しく教えようとしてたのにイラっときちゃうわけですよ。

 

 

これはね、なかなか解決できないと、私も以前は思っていたんですが

 先日塾に通ってくれてる親御さんからLINEが決ましてね。

 

ちょっとこちらをご紹介したいと思います。

 

f:id:digna:20210724131808j:plain

 

それからですね

f:id:digna:20210724131845j:plain


こんなお声をいただいてるのですよ😊✨

 

 

 

こんなふうに子どもが自ら意欲的にやってくれるようになったら

そりゃお母さんたちも嬉しいし、何よりイライラするどころか、ニコニコですよね♪

 

 

そうなったらですよ、夏休みの過ごし方も変わってくると思うんです。

あれこれ言わなくていいから、ただただ子どもたちと楽しく過ごしたらいいじゃないですか。

 

 

宿題を自分から、それも意欲的にやるお子さんが増えたら、もう最高ですよね!

 

 

 

 

 

 

そうなるためにはですね、「勉強の技術」というものがありまして。

 こちらの本ですね。↓

 

この本のタイトルは「学び方がわかる本」になっていますが、ほんとそのままなんです。

学び方がわからないから、勉強が嫌になっているわけですよ。

 

話しててもきょろきょろしたり、何か考えて話を聞いてなかったり

すぐ他のことに興味がうつっちゃうとか。もしくは、ぼーっとしてたり

あくびしり、あとは、すぐに席を立ったり、どっか行っちゃうとか。

宿題に落書きしてたりとか。

 

あとは、イライラしはじめて、お母さんの教え方が悪いとか

妹とかに八つ当たりし始めたり、機嫌が悪くなっちゃったり。

 

こういう状態だと、お母さんたちは宿題させるの大変になってしまうわけですよ。

そして、こんな状態の子どもたちが自分から宿題をそれも意欲的にやろうと思うなんて、思えませんよね?

 

ただですね、こうなる理由がちゃんとあるんです。

 

先ほどの本の中にも書かれているのですが

勉強や宿題の中にわからない言葉があるとか、イメージができないとか

あとは、わからないからと飛ばして先に進んじゃってるとか。

こんなことが起きてくると、混乱もするし、意味がわからない

よくわからない状態って、そりゃ楽しくないですよね。

 

 

これが逆にですよ、「わかった!」「できた!」が増えたら?

 

 

そりゃ、勉強も楽しくなってくるわけですよ。

 

できると楽しくなるし、自信にもなるので

やってみようという意欲もわいてくるようで、こちらがやりなさいと言ったり

声掛けをしなくても、子どもたちが自分から「やってみよう」と取り組むようになるのですよ。

これは、塾でやっているときにも起きてくるので、その延長上で家庭でも起きてくるんだと思います。

 

じゃあ、この本を買って読めばいいのね!

 

と思うかもしれませんが

まぁ、「勉強の技術」を使って子どもの宿題をみてあげたり

わからないところのサポートをしていけば、なるとは思います。

ただ、親子となると…なかなか難しいところもあるのでね(;^_^A

 

 

あとは、この本を読んで「なるほど」としっかり理解して使える方は

本から入っても良いと思うんですが、本を読んだからと上手くいかないのが

この勉強というもののやっかいなところで、それも「勉強の技術」で克服できるんですが

そこまで自分の力だけで持っていこうと思うと、それなりに時間と労力はかかると思います。

私も最初はそんな感じでした。

 

 

だからこそ、ディグナフェミナに教育部門を作ったんですけどね。

 

 

ディグナフェミナの塾には「勉強の技術」を学んだスペシャリストの講師が

子どもたちが自ら楽しく学べるように学び方を教えていますので

まずは子どもたちの「わかった!」「できた!」をたくさん引き出してもらうといいかと。

家庭で頑張ってみてもいいですが、その労力と時間を考えるとですね。

 

 

 そのほうが、お母さんたちもラクだと思いますよ。

 

さらにディグナフェミナでは、

子どもたちだけでなく親御さんのサポートもしておりますので

ご家庭でどのような声掛けをしたらいいか?など

ご家庭でできることをアドバイスしていきますので、勉強以外の面でも

家族がチームとなってお子さんをサポートしていけるので、家族間の関係も良好になってきます😊

 

 

塾では、1年生から中学1年生くらいまでを対象としています。

細かいことは、個別相談や無料体験を受け付けておりますので

ご興味のある方、うちの子はどうでしょうか?というご相談など

お気軽にお問合せしていただけたらと思います。

 

 

********

 

Digna Feminaの公式LINEアカウントはこちら!
各コースのスケジュールや、お得な情報をお届けしますので
下記のバナーより友だち追加してみてください。

 

 

バナーから登録できない場合はこちら↓↓↓

https://lin.ee/pUQyTwC

 

これは嬉しい!!生徒からの応援メッセージ♡

これは本当にびっくりしたし、嬉しくってですね〜✨💕(≧∀≦)💕✨

海外研修に来ている間は、塾はオンラインに切り替えてもらって
ご家族のご協力のもと楽しく終わることができたんだけど
最後に、まさかのサプライズ‼️✨

 

f:id:digna:20210723093938j:plain


講師冥利につきます(๑˃̵ᴗ˂̵)💕


まだ隔離期間中で明日には豪華客船🚢にのってトレーニング開始だけど

これは頑張らんとね💪✨

digna.hatenadiary.jp

 

 

ゆか先生、パワーアップして帰ってきます🙋‍♀️✨
待っててね〜!

 

 

塾に関してはこちら↓

digna.hatenadiary.jp

 

気になる方はお問い合わせください。

個別相談、体験も無料でやっています!

 

 

********

 

Digna Feminaの公式LINEアカウントはこちら!
各コースのスケジュールや、お得な情報をお届けしますので
下記のバナーより友だち追加してみてください。

 

 

バナーから登録できない場合はこちら↓↓↓

https://lin.ee/pUQyTwC

 

 

7/24 リンパを流すだけで健康も美も、心のケアもできちゃう!?

突然ですがみなさん、自分のことってどれくらい大事にしてますか?

 

 

子育てに家事に日々忙しいお母さん業していると

自分のことはついつい後回しになってしまうことが多くなりますよね。

 

食事も早く食べて片付けないといけないし、子どもたち寝かしつけてから

ようやく自分の時間!と思いきや疲れてそのまま寝てしまっていたり…💧

 

気づいたら、早食いが癖になってたり年中睡眠不足が当たり前

なんてことにも。

 

 

 

そんな、なかなか十分に自分の時間が取れていないというお母さん方に朗報です!

 

 

今回、夢芽の会マネージメント担当のゆか先生が

リンパライフコンサルタントの中西亮子さんをゲストにお招きして

心と健康についての対談ライブを行うことになりました✨

 

 

セラピスト歴22年の中西亮子さんは

世界最高水準のリンパデトックスを行っている方で

 

リンパデトックスって?

 

1日たった3分!

リンパのお掃除をするだけで、理想のご機嫌な美bodyをつくることができるそうで

 

 

リンパが詰まっていると、身体のあちこちに不調が出てくるだけでなく

心にも大きく影響してくるそうなんです!!

 

 

リンパが心と身体にどう関係しているのか?

しかも、驚くことにリンパマッサージで気になるお腹や二の腕、身体のいろんなところが

理想の美bodyになっていくそうです!!

 

 

心と身体のケアをしながら、美まで手に入れられるなんて✨

 

 

お子さんや家族の健康維持にも活用できるそうなので

知って損のない情報満載です😊

 

ライブ配信をシェアしてくれた方には、特別特典もいただけるそう♪

 

 

 

ぜひ、この情報を手に入れて

日頃疲れのたまった身体と心を癒して、またイキイキと子育てしていきましょう✨

 

 

こちらのライブ配信は、ディグナフェミナのFacebookページからもご覧いただけるようになっております。

 

 


Facebookページ

https://www.facebook.com/dignafemina



個人ページ(矢部ゆか)

https://www.facebook.com/profile.php?id=100004714742258 



どちらかからみてください😊

また、ライブ配信中の質問、コメントも受け付けています♪


 

********

 

Digna Feminaの公式LINEアカウントはこちら!
各コースのスケジュールや、お得な情報をお届けしますので
下記のバナーより友だち追加してみてください。

 

 

バナーから登録できない場合はこちら↓↓↓

https://lin.ee/pUQyTwC

 

  

3人の子どもを置いて海外へって、大丈夫?

前回の記事でお伝えしましたが、只今カリブ海のアルバ島に来ております。

 

f:id:digna:20210723065245j:plain

digna.hatenadiary.jp

 

 

え?カリブ海?アルバ?

何しにいったの?

子どもたちはどうしてるの?

 

 

というメッセージをたくさんの方にいただきまして

そういえば、子どもたちのことは書くの忘れてたなと(笑)

 

今回は、なぜ私が3人の子どもたちがいるのに

こんな突然にカリブ海になんか行けているのか?

について書いてみたいと思います。

 

 

うちの子は、小5、小3、5歳の3人です。

 

 

ま、普段から忙しくしている私を見て

「お子さんたちは大丈夫なの?」「子どもはどうしてるの?」

など聞かれることもあるのですが

 

 

なんせ我が家は、自分のことは自分でするが基本で

5歳の末っ子ですら、お風呂掃除したり、茶わん洗いに洗濯物を回したり

さらには保育園の準備も自分でするし、何かこぼしたりおねしょしたとしても

基本的には全て自分で処理をしてしまうので、ほんと手がかかりません。

※もちろん、物理的に無理なことや年齢的に難しいこともあるので、手助けが必要なこともあります。

 

小5のお兄ちゃんは、ご飯作れるし(下2人も作れます)

さすがに5年生もあって、いろんなことが自分でできるのはもちろん

下二人の面倒もよく見てくれ、スケジュールも家族分みんなのことを考えて立てれるし

何かあっても、工夫をしたらいいことを知っているので

※とは言え、まだ子どもな部分もあるので毎回完璧にできるわけではないですよ。

安心して任せれることがほとんど。

 

 

小3の娘は、マイペースでちょっと心配なこともあるのですが

最近はしっかりしてきて、弟の面倒もよく見てくれるし

気が利く子なので、マイワールドに入り込まなければ(笑)頼りになる娘です。

 

 

 

と、ここまで書くと

良い子ちゃんたちばかりのように見えますが、普通に子どもらしい子どもです。

よくやらかしたりもして、怒られることもありますが

次は工夫しようという考えは働くみたいです(*^_^*)

 

 

そして何より、最初からこうだったわけではないのですよ。

 

 この記事とかがわかりやすいかな↓

digna.hatenadiary.jp

 

 

とにかく大変でしたよ、子育て。

今でこそ、こんなふうに安心して子どもを置いていけるような家庭になってるけど

10年前とかは悲惨でしたからね(;^_^A

 

 

7年前に崖っぷちに立たされていることを知り、そこから人生やり直したくて

必死にいろんなことを処理し、勉強したり、子どもや旦那、自分の家族とも

吐き気がしそうなくらい向き合ってきて(笑)

 

6年前くらいにようやく、自分のことが見えてきて

そこからですかね、子どもたちへの対応も大きく変わっていったのは。

 

私自身が、一人で頑張っていることに疲れてしまって

私の料理苦手から始まって、一人でやるからイライラするんだ!とわかってからは

子どもたちを巻き込んで一緒にやるなら、時間がかかったとしても

やらないといけない時間ではなく、子どもたちとのコミュニケーションの場へと変わっていき

私としてはそちらのほうが、うんとラクというか楽しい時間でイライラせずに

ただただ子どもたちを愛おしいと感じる時間が増えていったのですよ。

 

だから、ほぼ毎日夕飯は子どもたちと作っていることが多く

それ以外にも、掃除に洗濯、家事いろいろやることなすこと子どもを巻き込み

一緒にやることで、子どもたちが覚えていって出来るようになるから

任せれることも増えて、私は助かるし、子どもたちも「まかせて!」と嬉しそう😊

 

 

そんなことを続けていたら、子どもたちを置いて海外に行っても

そう不安なこともなく、安心して自分のことに集中できる環境が整っていた

というわけなんです。

 

 

アルバに来てもね、子どもたちから「寂しい」「いつ帰ってくる?」とかいうことは一切なく

むしろこっちから連絡しないとメールも電話もないですから(笑)

 

電話しても「お母さん、俺の部屋きれいになったとよ!」とか

「私の部屋も変わったよ!」と、いかに自分たちが働いて成功したかの話ばかり(笑)

 

私がいないほうが、むしろしっかり働いている気がするし(;^_^A

 

f:id:digna:20210723063632j:plain

 

夏休みに入った今は、旦那の実家の岡山に行くことになっているので

私が今回海外に来れているのも、子どもたちが自立しているだけでなく

旦那や旦那の家族、私の家族のおかげでもあるんですけどね😊

 

 

本当に感謝してもしきれません。

 

しっかり学んで、帰ってから何倍にもして返していかないとですね!!

 

 

羨ましい、という方もいるのですが

私自身も最初からこうだったわけではないので

 

子どもたちが自分自身で家族のことまで考えて行動できるように

旦那も協力して、チーム一丸となって人生を謳歌する最強の家族になることは

今からでも可能なんですよ😊

※私は長い期間かかりましたが、ポイントさえわかっていればそう時間もかからないです♪

 

 

ディグナフェミナには、有難いことに

「ゆかさんのような子育てがしたい」「ゆかさんのような家族素敵ですね」

と言ってくださり、そうなれるようにディグナフェミナに足を運んでくださる方がいます。

 

 

もし、どうやったらそんな家族を作ることができるの?

と興味を持った方がいましたら、ぜひご連絡くださいませ。

 

個別相談も無料でやっていますので、活用してくださいね😊

 

 

********

 

Digna Feminaの公式LINEアカウントはこちら!
各コースのスケジュールや、お得な情報をお届けしますので
下記のバナーより友だち追加してみてください。

 

 

バナーから登録できない場合はこちら↓↓↓

https://lin.ee/pUQyTwC

 

 

カリブ海のアルバ島に来ております!

只今、カリブ海のアルバ島に来ておりまして

コロナ禍ということで、2週間の隔離期間のため今はホテルに滞在しております。

(日本との時差は13時間)

 

f:id:digna:20210723055446j:plain

 

明後日には解放され

カリブ海の豪華客船の上で『有能さとリーダーシップ』を受けて

さらにパワーアップして帰ってくる予定です!!

 

 

というのもですね

「勉強の技術」に出会ってから、良さは知っていたつもりだけど

本当の意味で、この「勉強の技術」の必要性を実感してからは

 

これは、たくさんの子どもたちを助けるだけでなく

日本の教育というか、勉強自体の認識が変わって、自ら楽しんで学ぶ子どもたちが増えるだろうし

何よりも、もう親子で「宿題やったの?」「なんでわかんなの!?」ってイライラして喧嘩したり

怒りたくもないのに怒ってしまって自己嫌悪に陥ったり、疲れてしまったり

 

そんな不毛な時間ではなく、もっと親子で楽しくワクワクした時間が増えるじゃないか!!

 

と、これは本当に私一人でちまちまとやっていては広がらない💦

そう思って、拡張していくためにも今回、わざわざコロナ禍の中なのに

海外に行ってまでトレーニングを受けてこようと思ったわけなのです。

 

ちょうどいいタイミングで声をかけてもらえたのもあるんですがね😊

 

 

私が「勉強の技術」の本当の良さを実感したキッカケがこちら↓

digna.hatenadiary.jp

 

 

レーニングは、2週間ですが

コロナ禍で前後2週間の隔離期間が必要なので、福岡に帰ってくるのは

8月末になると思いますが、帰ってきたらフルパワーで拡張していき

「勉強の技術」を使ってたくさんの子どもたちを助けるのと同時に

この技術を使える大人たちを増やしていきますよ~!!

 

 

レーニングはかなりハードみたいですが💧

死なない程度に頑張ります(笑)

 

 

また、ご報告しますね!!

 

********

 

Digna Feminaの公式LINEアカウントはこちら!
各コースのスケジュールや、お得な情報をお届けしますので
下記のバナーより友だち追加してみてください。

 

 

バナーから登録できない場合はこちら↓↓↓

https://lin.ee/pUQyTwC

 

割り算ができない!?学校の先生もわからなかった落とし穴!

娘が小2のときのお話し。

 

学校で割り算を習っていた娘。

それまで算数でつまづいている感もなく進んでいたのですが

初めて私に言ってきたことがありました。

 

 

👧「ねぇねぇ、お母さん。割り算がわからんと。」

 

 

算数も少しずつ難しくなっていくからわからなくて当然だよね。

 

なんて思いながら話を聞いてみると…

 

👧「割り算習ってるんだけど、先生が何言ってるのか全然わからんと」

 

👩「なるほど。先生に質問はしてみた?」

 

👧「うん、聞いたんだけど、先生教えてくれんと」

 

👩「あらら、そうなの?」

 

👧「うん、何回も聞くのにわからんと。先生鬼やん!!」

 

と、ご立腹の娘。

 

 

どうやら、娘は何度も先生に「わからない」と伝えるのに

先生は「わかるやろ!」と答えるらしく話を聞いてくれない、わかってくれないとのこと。

 

 

f:id:digna:20210621033423j:plain

 

 

なにが起きているんだろう?

と、先生と話す機会があったので直接聞いてみました。

 

👩「うちの娘が、どうも割り算ができないらしく困っているそうです」

 

🙎「え?ちゃんとできてますよ。」

 

👩「え?そうなんですか?」

 

🙎「はい、娘さん割り算得意だと思うんですが…」

 

👩「へぇ、そうなんですね。ちょっともう一度確認してみます」

 

 

そう言って帰ってから娘に確認してみました。

 

👩「先生が、こう言ってたけど?」

 

👧「先生鬼やもん!私の話し聞いてくれんと!全然意味わからん」

 

👩「そうなのね。でも、先生はあなたが割り算できているし全問正解してるって」

 

👧「できるけど、わからんと!!」

 

👩「??できるのに、わからんと?」

 

👧「そう!先生も、できるやろ?っていうけど、先生の言うことは全然わからんもん」

 

先生にもう一度確認してみると…

 

🙎「え?そんなことないですよ。娘さん、割り算ちゃんと計算して答えも合ってますから!」

 

 

んん~、なにかがおかしい(;一_一)

 

 

さらに娘に聞くと

 

👧「ほらね!先生鬼やろ!?」

 

👩「鬼ねぇ( ̄▽ ̄;)確かにわかってくれないのはつらいよね」

 

👧「そう!もう先生の話は意味がわからんけん、学校行きたくない!!」

 

👩「え?そうなるの!?」

 

 

と、学校を休んでしまいました( ̄▽ ̄;)

 

 

 

このままでは、ただ嫌なことがあったから学校に行かないとなってもなと

根本の問題解決にはならないと思って、さらに娘と話してみました。

 

 

👩「どこがわからないの?」

 

👧「え?割り算」

 

👩「なるほど。じゃあ、どこまでわかってたの?」

 

👧「割り算の式」

 

👩「なるほど。式はわかるし、計算はできるのね?」

 

👧「うん。計算はできる」

 

👩「なるほど。そうなると、何がわからないんだろうか?」

 

👧「先生が言ってること」

 

👩「なるほど。先生の言っていることでどの言葉がわからなかったの?」

 

👧「割り算」

 

 

…?

 

??????????

 

もしかして?

 

 

👩「割り算の言葉の意味がわからないってこと?」

 

👧「そう。割り算って何?なんで割り算って言うの?」

 

👩「なるほどね!計算ができないんじゃなくて、言葉の意味がわからなくて困ってたんだ!!」

 

👧「そう。先生にわからんっていいよるのに、できるやろ?っていわれるとよ!」

 

👩「ようやくわかったよ。それなら一緒に辞書で「割り算」を引いて調べてみよう♪」

 

👧「うん♪」

 

 

そう言って、辞書で「割り算」を調べ、一緒に小物を使って割り算をやってみると

 

👧「な~んだ、そういうこと♪」

 

👩「お♪いいねぇ✨✨」

 

と娘の調子も上がってきて

次の日から普通に学校に行きだしました。

 

 

先生にもこのことをお伝えすると

 

🙎「え?割り算の言葉の意味で引っかかってたんですか?」

 

👩「はい、そうだったんです。」

 

🙎「計算ができてたから、てっきり理解していると思ってました。

まさか言葉とは…」

 

と。

 

 

でしょうね( ̄▽ ̄;)

こんなのわからないよね。

 

 

以前の私なら、先生と同じように辿り着かなかったかもしれません。

 

 

今は、なぜこんなことが起きるのか?

その原因、メカニズムを知っているから、今回のように

つまづいている点を見つけることができ、さらにそれを解消することができるので

娘の「学校に行きたくない!」に対しても動揺することもなく

すんなりと流れをもどしてあげることができたんですよね。

 

 

これ、意外と他の教科にも起きていたり

子どもたちの中でも、「わからない」があり、先生もその「わからない」がなんなのか?

何がどう「わからない」のかがわかりにくくて、学校が嫌いになってしまった子もいるのだろうなと思うわけですよ。

 

 

 

だからこそ、このメカニズムを知っている大人や

それを身につけて自分でやっていける子が増えていたら?

と、今はこのメカニズムを教えて身につけさせる塾をやっているのです。

 

 

 

で、小3になった今。

あらたな「分数」がでてくるわけです。

それも同じように、式が書けて解けるから大丈夫…ではなく

しっかりと言葉の意味と、それがなぜそうなるのか?を理解しているのか

確かめてやっていくことで、「分数」とか「少数」「割合」とかも使えるようになっていくんですよ✨✨

 

 

もしも、うちの子も怪しいかも…とか、そういうの詳しく聞きたい!!

という方は、お気軽にお問い合わせくださいませ😉

体験会もやってます♪

 

 

********

 

Digna Feminaの公式LINEアカウントはこちら!
各コースのスケジュールや、お得な情報をお届けしますので
下記のバナーより友だち追加してみてください。

 

 

バナーから登録できない場合はこちら↓↓↓

https://lin.ee/pUQyTwC